07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

行ってきマウンテン!

山登りを始めて5年目の万年初心者です。大好きな山登りを中心に日々の出来事を綴っております。

元祖タンメン屋 

20161113130831.jpg

2016/11/13(日)

普段TVをあまり見ない私がたまたまTVをつけた時に紹介されていたお店。
岐阜県を中心にご当地らーめん的に複数の店舗を展開されている"タンメン"のお店。
実は私、400店舗以上もらーめんを食べ歩いているのにタンメンをまだ食べたことがなかったので、TVを見た翌日にさっそく行ってきました。

因みにタンメンはタンメンでも、このお店で提供しているのは"岐阜タンメン"とのこと。

以下、お店のHPより一部抜粋。

岐阜タンメンとは一般的なタンメンと違い、豚肉、白菜、キャベツ、にんにくから旨味を抽出し、塩だしのスープと合わせたシンプルながら味わい深いオリジナルのタンメンです。

-----抜粋ここまで-----

お店に到着した時にはTVの放送も影響したのか?既に結構な行列が出来ていました。
そして、タンメンは一般的ならーめんに比べると調理に少し時間がかかるようで?結構な待ち時間がありましたが、出てきたタンメンのスープを一杯口にすると…

(゚∀゚* )ウマー

こりゃ驚きの美味さ!

スープに鶏ガラや豚肉、野菜のうま味がギューっと詰まっていて、行列ができるのも納得できる絶品の一杯です。

嬉しいことに私の行動圏内に複数の店舗があるとのことで、これは他の店舗の含めリピート間違いなし!

みなさんも機会があれば是非食べてみてください。

ごちそうさま。

▽元祖タンメン屋
http://ganso-tanmen.com/index.html
スポンサーサイト

category: らーめん食べ歩き

cm 0   tb 0   page top

鎌ヶ岳(武平峠ピストン)2/2 

鎌ヶ岳(武平峠ピストン)1/2の続き

20170512094753.jpg
【↑】09:47 標高1,161m、鎌ヶ岳踏破です。
|
-- 続きを読む --

category: 鎌ヶ岳

cm 0   tb 0   page top

鎌ヶ岳(武平峠ピストン)1/2 

2017/05/12(金)

GW9発目、鈴鹿セブンマウンテン6座目!
といきたいところでしたが、昨日のガスガスに終わってしまった鎌ヶ岳山行のリベンジ山行に行ってきました!

以下、Wikipediaより一部抜粋。

鎌ヶ岳(かまがたけ)は、三重県三重郡菰野町と滋賀県甲賀市にまたがる鈴鹿山脈南部の標高1,161mの山。
鈴鹿国定公園内にあり、関西百名山及び鈴鹿セブンマウンテンのひとつに選定されている。
鈴鹿山脈で最もアルペン的な山容の飛騨山脈の槍ヶ岳に似た鋭く尖った山容で、南側の水沢岳へと続く痩せ尾根は、鎌尾根と呼ばれている。
「鈴鹿の槍ヶ岳やマッターホルン」と呼ばれることもある。

・鎌ヶ岳(Wikipedia)

以下、今回の山行ルートです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
武平トンネル西口駐車場→武平峠→鎌ヶ岳→武平峠→武平トンネル西口駐車場

鎌ヶ岳、御在所岳共にこの武平峠から登るのが1番短いルートだそうです。
今回の鎌ヶ岳、本当はもっと行程の長いルートで登りたかったのですが、昨日の予定外のハプニングで寝るのが遅くなってしまった( = 起きるのが遅くなってしまった)のと、この日は夕刻に少し会社へ顔を出す必要があったので、昨日のリベンジも兼ねてこのルートを選択しました。

2017051200000.jpg
足跡3Dマップ
|
-- 続きを読む --

category: 鎌ヶ岳

cm 0   tb 0   page top

御在所岳(中道)2/2 

御在所岳1/2の続き

20170511125545.jpg
【↑】山頂が見えてきました。
|
-- 続きを読む --

category: 御在所岳

cm 0   tb 0   page top

御在所岳(中道)1/2 

2017/05/11(木)

午前中、ガスガスで終わった鎌ヶ岳山行でしたが、午後から天気が回復してきたのでGW8発目、鈴鹿セブンマウンテン5座目は予定通り御在所岳に登ることにしました。

御在所岳は鈴鹿セブンマウンテンの中で唯一足跡を残している山です。
なので本当は未踏の他のセブンマウンテンを優先しても良かったのですが、前回はこれまた天候に恵まれなかったのと、おろしたての厳冬期用登山靴で岩場だらけの中道を登った為、とても登り辛く全体的に消化不良な山行に終わってしまっていたのです。
なので今回はその時のリベンジも含め、敢えて再度御在所岳を登ることにしました。

そしてその選択が原因で、今回とても貴重な経験をすることになったのです。

その貴重な経験というのは下山時に起こったのですが、文字に起こすと長くなってしまうので詳細に関しては再現VTRを製作することにしました。

はい、もちろんウソです…

詳細に関しては時間がある時に別途"番外編"として綴りたいと思います。

因みに遭難した訳ではありません。

以下、Wikipediaより一部抜粋。

御在所岳(ございしょだけ)は、三重県三重郡菰野町と滋賀県東近江市の境にある標高1,212 mの山で、御在所山とも呼ばれる。
急峻な岩壁やツツジ科の花々が美しい、変化に富んだ山である。
春にはツツジや桜、そして様々な植物、夏にはアカトンボ、秋には紅葉、冬には樹氷や冬山登山と、四季を通じて楽しむ山として最適であるが、一方では「藤内壁」(とうないへき)などの岩肌を有し、ロッククライミングの名所ともなっている。
冬には藤内壁のアイスクライミングも楽しめる。

・御在所岳(Wikipedia)

以下、今回の山行ルートです。
---------------------------------------------------------------------------
駐車場→中登山道口→おぼれ岩→地蔵岩→キレット→富士見岩展望台→御在所岳(山頂周遊)→キレット→地蔵岩→おぼれ岩→中登山道口→駐車場

20170511000000.jpg
足跡3Dマップ
|
-- 続きを読む --

category: 御在所岳

cm 0   tb 0   page top

鎌ヶ岳(武平峠ピストン) 

20170511090359.jpg

2017/05/11(木)

GW7発目、鈴鹿セブンマウンテン4座目は鎌ヶ岳に行ってきました!

が、結果としてまたまたガスガスの山行となってしまいました。
しかも下山後には晴れるという嬉しくない"山あるある"。

鈴木山脈の山行はこれで7回目ですが、うち4回は天候に恵まれませんでした。
確立でいうと約60%!
しかもこれ、直前まで予報では"晴れ"だったにも関わらずにですよ~

トホホのホ…

すみません。
また愚痴っちゃいました。

でも翌日、再度同じルートでリベンジ山行を行いましたので、詳細はまたそちらの山行記で綴りたいと思います。

因みに写真はこの日、山頂から撮影した展望写真。
素敵でしょ?

<過去の山行履歴はこちら>
・年間山行履歴
・山域別山行履歴(作成中)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

category: 鎌ヶ岳

cm 0   tb 0   page top

釈迦ヶ岳(中尾根→ぷち縦走)5/5 

釈迦ヶ岳(中尾根→ぷち縦走)4/5の続き

20170508123503.jpg
【↑】樹林帯を抜けると目の前には小さなピークが。
どうやらあれがハト峰のようです。
|
-- 続きを読む --

category: 釈迦ヶ岳

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

下手の横好き写真館